ペット供養

大切なペットが亡くなったとき、どうすればいいのでしょうか。 きちんと見送ってあげて、後悔のないように、お別れの準備をしましょう。

ペットが亡くなったら

1.まず、濡らしたタオルなどできれいに体を拭いてあげましょう

櫛で毛をとかし、きれいに清めます。
ペットシーツや新聞紙、タオルの上に寝かせてあげてください。
箱の中に入れてあげてもいいでしょう。
できるだけ涼しい場所に安置し、さらに保冷材で冷やすと安心ですね。
死後硬直が始まる前に瞼と口を閉じてあげ、足を曲げてあげます。
もしケガがございましたら、ガーゼなどで覆ってあげてください。

2.もしも形見として残しておきたいのなら、毛を取っておきましょう

火葬してしまってからですと手遅れになるので注意してくださいね。

3.大切なペットと最後のお別れをしましょう

写真やお花をまわりに飾ってあげるといいかもしれません。
焦らなくても大丈夫なので、ゆっくりとお話する時間を取って、落ち着きましょう。

4.心に区切りが付いたら、ペットの葬儀屋さんに連絡しましょう

前もって良さそうな葬儀屋さんを見つけておいてもいいかもしれません。
葬儀屋さんが見つかったら、あとはプロの方にまかせておけば安心です。
移動火葬車でしたら、ご自宅でご葬儀をすることもできます。
祭壇に遺影を飾り、人間と同じようなご葬儀をすることもできます。
ぴったりの方法でお別れを告げてください。

大切なペットの冥福をお祈りしましょう。

火葬のあとは

火葬が終わった後、どうするかはご家族で話し合って決めて構いません。
ペット霊園に埋葬する、ご自宅で供養する、散骨するなどの方法がございます。
どんな方法であっても、ご家族がきちんと納得のいく方法で、ペットへの感謝の気持ちを伝えることが一番ではないでしょうか。

ペット霊園

人間に対する供養とほとんど同じものになります。
個別のお墓と、ほかのペットと一緒にはいる合同のお墓があります。
最近ではペットと飼い主が一緒にはいることができるお墓も増えてきています。

納骨堂

お墓よりも費用がかからないため、こちらを選ぶ方も増えています。
棚に納骨するのですが、その棚は写真などで自由に飾り付けすることができます。

手元供養

遺骨をお部屋に飾ったり、遺骨の一部をペンダントに入れて持ち歩いたりします。
可愛いデザインの骨壺やペンダントもございます。
大切なペットを1番近くに感じられる方法かもしれませんね。

自然葬

専用の野山などに散骨するなどして、自然に還してあげる方法です。
樹木の苗を植え、そこに埋葬する樹木葬も人気になっております。
時を経て成長していく樹木はまるでペットの生まれ変わりのように感じるかもしれません。

ペット仏壇

ご自宅にお仏壇があれば、いつでも亡くなったペットに語りかけることができます。
人間のお仏壇と比べて、とても可愛らしいので、かわいいペットにはピッタリかもしれません。
手元供養で遺骨が手元にある場合でなくても、お仏壇を飾ることができます。
いつまでも大切なペットを忘れず、感謝の気持ちを伝え、悲しみを乗り越えるためにも、お仏壇を飾ることをおすすめいたします。

大切なペットとの最後のお別れは、後悔のないようにしたいですね。
幸隆では、お客様の気持ちに寄り添ったサポートをいたしますので、お気軽にご連絡ください。