お墓の豆知識

  • お墓はいつ建てたらいいのですか?

    御遺骨がある場合、一般的には四十九日忌・百か日忌・一周忌などの法要に合わせて建墓することが多いようです。又、生前にお墓を建てる場合には、特に時期というものは無いようですが、お墓に対する意識が高まる春・秋のお彼岸等を目途に建墓する方もいらっしゃいます。※生前にお墓を建てることを「寿陵(じゅりょう)」といいます。「寿陵(じゅりょう)」は家内繁栄に繋がり縁起がいいと言われています。)

  • 永代使用料とは?

    永代使用料とは、お墓となる土地を使用する権利を得るための費用の事です。
    不動産とは違って所有権が発生するわけではありませんので、基本的に転売することは出来ません。又、固定資産税がかかることもありません。

  • お墓は誰が承継するのですか?

    お墓の使用者が亡くなった場合、民法ではお墓を使用していた人が生前に「祭祀の承継者」として指名した人が継承することになっています。その際、継承する人は必ずしも親族等である必要はありません。使用者の指定が無い場合には、一般的に長男が承継者となる場合が多いようです。

  • お墓を建てると節税になると聞きましたが?

    お墓は「非課税財産」とみなされるので、相続税の対象にはなりません。
    親が生前にお墓を建てておけば相続の際にはこの分を除外する事が出来ます。結果的に自己控除することになり、節税になります。

  • 改葬(お墓の引越し)はどうしたらいいのですか?

    引越しなどで遠くなってしまいお墓を維持するのもお参りするのも大変というご家庭が増えています。改葬をする場合にはまず、転移先の墓地を確保し役所等への届けが必要です。

新しい墓地を確保する。

新しい墓地の管理者に受入証明書を発行してもらう。

旧墓地の管理者に埋葬証明書を発行してもらう。

旧墓地のある市区町村に受入証明書と埋葬証明書と改葬許可申請書を提出する。

市区町村役場から改装許可証が交付される。

旧墓地からお骨を取り出す。(閉眼供養の法要)

取り出したお骨に改葬許可証を添えて、新しい墓地へ提出する。

お骨を新しいお墓に納める。(開眼供養の法要)
※市区町村役場によって手続きの方法が異なる場合がありますので確認が必要です。