位牌の基礎知識

  • 位牌とは

    葬儀の時に戒名を書いた白木の位牌が用意され四十九日の中陰の期間のみ用いられます。
    白木の位牌は、葬儀から四十九日の忌明けまで祭壇におまつりし、その間に漆塗りか、唐木の本位牌と呼ばれる位牌を用意します。
    四十九日法要のあと白木の位牌は、菩提寺におさめ、自宅の仏壇には、本位牌を安置します。
    位牌は亡くなった人そのものです。手厚く供養しましょう。

  • 戒名・法名・法号について

    戒名とは、本来仏教に帰依し持戒を誓った者に対して仏の弟子としていただいた名前で、もともとは生前に受けるものでした。
    宗派によって呼び方がまちまちでたとえば、真宗では法名、日蓮宗では法号、本来は二文字であったのですが、道号などが加わり、現在は名づけ方、格付けが複雑な段階に分けられています。それは宗派によっても違いますが、戒名を表示してみますと次のように構成されます。

    ○印=院号
    △印=道号
    □印=法号