樹木葬のご案内

宗教・宗派は問いません

樹木葬とは

自然葬の一つに樹木葬があります。
霊園の敷地や山などに樹木を植え、その下に遺骨を埋葬するのです。

しかし、勝手に山の中でやってしまうと法律違反になるので樹木葬をご検討の場合はぜひ幸隆へご連絡下さい。

樹木葬のメリットとデメリット

メリット

1メリットは永代供養と同じように管理を霊園にまかせることができる点です。
お墓の承継者がいなくなったとしても、安心ですね。また、宗派も問いません。
墓石が必要ないので、費用をおさえられるのも大きなメリットです。
さらに墓石ではなく樹木ということで、自然環境にも優しくなっています。

デメリット

デメリットには、遺骨を取り出すことができないという点があげられます。
個別タイプであれば、取り出せるようにもできますが、散骨される場合などは取り出せません。
また、樹木葬は比較的新しいタイプの埋葬方法ですので、親族間でトラブルになることもございます。
きちんと事前に相談することをおすすめいたします。

樹木葬の種類

樹木葬には2つのタイプがあります。

1. 個別に埋葬する方法です。
墓石の代わりに樹木を植えるということです。
ひとりに1本の樹木を植えるタイプと1本の樹木のもとに複数の遺骨を埋葬するタイプがあります。

2.複数の遺骨を同じところに埋葬する方法です。
これは合同墓と同じように、同じところに様々な方の位牌を一緒に埋葬するということです。
個別のものと比べてかかる費用を抑えることができます。

樹木葬にかかる費用

墓石を利用するよりも安くなることが多くなっております。
平均で、20万から70万程度で利用することができます。
しかし、石のプレートなど、オプションなどを付けると変わってくるのでご注意ください。
永代供養、樹木葬は現代の人々にあった埋葬方法であると言えます。
大切なお墓が無縁墓とならないように、こういった埋葬方法も考えてみるといいかもしれません。