永代供養のご案内

宗教・宗派は問いません

永代供養とは

お寺が、お墓参りのできない人に代わって永代にわたって供養と管理を行うことです。
近年、納骨と言ったらお墓であるという常識は変わってきています。
忙しくてなかなかお墓参りの時間が取れない方や、お引っ越しによりお墓が遠くなってしまった方など、永代供養をご利用になる方も増えているのです。
お墓の跡継ぎがいらっしゃらない方や、子供にお墓のことで迷惑をかけたくない方にもおすすめします。

永代供養のメリットとデメリット

メリット

1番のメリットはお寺がきちんと管理してくれるので、安心であるという点です。
なかなかお墓参りに行けずにいると、お墓は汚れ、傷ついてしまいます。
お寺が管理してくれていると、汚れを掃除したり、傷を修復したりするのは、お寺がしてくれるのです。
次に、費用を抑えられるのもメリットの一つです。
永代供養であっても個人墓を持つと費用がかかりますが、永代供養は多くが合同墓に入ります。
そのため墓石を購入する必要がなく、費用を抑えられるのです。
最後のメリットは、宗派を問わない点です。
しかし、これはまれに例外もあるので、注意が必要です。
多くの場合はどの宗派であっても永代供養をしてもらうことができます。

デメリット

デメリットは、遺骨を取り出すことができなくなるという点です。
個人墓であればその限りではありませんが、多くが合同墓に入ることになるため、遺骨を取り出せません。
後でお墓を建てたからといって、動かすことができないのです。
そのため、よくお考えになってから永代供養を選択されることをおすすめします。

永代供養墓の種類

火葬が終わった後、どうするかはご家族で話し合って決めて構いません。
ペット霊園に埋葬する、ご自宅で供養する、散骨するなどの方法がございます。
どんな方法であっても、ご家族がきちんと納得のいく方法で、ペットへの感謝の気持ちを伝えることが一番では大きく分けて2つのタイプがあります。

合同墓と、個人墓です。

個人墓であれば、永代供養であっても、お一人、またはご家族のみになります。
それに対し、合同墓であれば、多くの方と一緒になってしまいます。
しかし、その分かかる費用はおさえることができます。
永代供養墓の見た目は建物になっているものや、仏像や碑を建てているものなど様々です。 そして多くに納骨堂があり、最初から遺骨を土に還してしまう場合もありますが、納骨堂などに一定期間安置し、その後土に還すことが多くなっています。 また、まれに分骨を行い、半分のみを土に還すといったことも行われています。

永代供養にかかる費用

永代供養では費用を抑えることができます。
供養してもらうための永代供養料、納骨法要時のお布施、納骨者名を彫るための刻字料で全てです。
管理費などはかからないことが多いので、毎年払わなければならない料金などはございません。
場所や供養の仕方によってかかる費用は大幅にことなります。
少なくて10万程、多くて100万程となっています。
平均ですと、30万から50万ほどになるようです。
しかし、100万かかったとしてもお墓を建てるよりはずっと抑えることができるのです。